フロントマン・管理員が着服!あなぶきハウジングサービス

着服:金品などをひそかに盗んで自分のものにすること。「売上金を―する」
横領:他人または公共の物を不法に自分の物とすること。「公金を―する」
「デジタル大辞泉」より。
お金.jpg

着服が発覚して、逮捕又は被疑者になった場合を、刑法上で着服罪といわずに横領罪と言うそうです。告訴されたら横領って感じでしょうか?
皆様おはようございます。マンション管理の情報屋です。

【いつ】平成23年から平成24年(国土交通省への報告は平成24年12月)
【どこで】(本社:香川)
【誰が誰に】あなぶきハウジングサービスの社員等(現在は退職)が7管理組合から
【どうした】架空の工事費請求や小口現金等により総額約330万円を着服した。

―補足―
@フロントマン担当者は、架空の工事請求や小口現金等290万円を6組合から着服した。
施設利用料等を管理員等から受け取った後、組合口座に振り込まなかった。
管理組合口座から払い戻しした管理組合の役員報酬を当人に渡さず、受領書を偽装し着服。
A管理員は、管理組合備品購入の際、自らの生活用品や衣料等を購入するなどして、37万円分を1組合から私的利用した。
B上記2名は退職済み。着服金も同社に弁済済。管理組合へも弁済済。
C同社は、刑事告発はしていない。
DNPO法人福岡マンション管理組合連合会が、組合からの通報を受け、ホームページや広報誌で公表している。
Eあなぶきハウジングサービス 1215棟・59,798戸を管理。ランキング18位。(平成25年3月現在)
F行政は、まだ処分を公表していない。
G平成24年12月に社内調査を行い発覚。元フロントマンは前月に退職。

とのことだそうです。
社内調査とありますが、きっと引き継いだフロントマンが気付いたんではないでしょうか?だとしたら引き継いだフロントマンはなかなか優秀なフロントマンだと思います。課長クラスがチェックしたら気付かないといけないとは思いますが。

しかし、着服にしろ横領にしろ、不正が後を絶たないですねぇ。上記の手口の対策も取れなくはないと思います。
マンション管理会社ということでは、お金に関して特に厳重にチェックとセキュリティを施す必要がある訳ですが、経費と効率といった面ではどんどん悪化していきそうですよね。

まぁ、やり方次第では、逆に強みとすることも出来そうですけどね。
2013-07-03


記事がお役に立ちましたら、ぜひ下記のはてぶ、ツイッター、フェイスブック等でのご協力をお願いします\(^o^)/



-topページへ戻る-
posted by 情報屋 at 06:49 | Comment(4) | 06時のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 香川県のマンション管理業者、宅建業者からは蛇蝎のように嫌われている、マンション管理業者のお目付け役、香川県非業者系マンション管理士会会長近藤紀文です。(サイトもあります。ご覧下さい。)
この穴吹ハウジングサービス使い込み問題については、次の2点で問題があると、筆者、マスコミを始め、各方面に訴えています。
1.マンション管理新聞6月5日・15日号に載った星光ビル管理の社員の使い込みは、額は6組合4千万円と、非常に高額ですが、宥恕すべき点もあります。それは、当会が制度発足当時から問題点が多く、国交省に抗議を続けている「保管金口座」への余剰金の移し変えの段階で中抜きが起こったからです。案の定です。
 この制度は、
T 保管金口座に金を移したのはいいが、振替口座に余剰金がなくなった状況で、誤って未振替が起こり、遅延損害金が発生した場合、誰が責任を取るのか?管理組合か、管理会社か、あるいは理事長か会計担当理事か?国交省がこのへんの責任の所在を明確にしない限り、物騒でこんな制度は導入できない。そこで、関与管理組合には、立場上1円口座の保管金口座はつくっても、余剰金振替はするなと言ってあります。
U その上に、要振替額をにらみながらの手続きは煩雑で、内部伝票だけで金の動く保管金口座は監事のチェックが後手後手になりやすい。制度的にはリスクの方が大きい。
 予言どおりになってしまいました。

 しかし、6月25日号マンション管理新聞に載った穴吹ハウジングサービスには、このような制度上の瑕疵の問題は全くありません。完全に故意に偽造請求書を作って金を取り込んだ、詐欺、横領、背任行為です。宥恕の余地など全くありません。一体、穴吹ハウジングサービスは、どのような社員教育をしているのでしょうか。

2 次に、その穴吹ハウジングサービスとは兄弟会社の穴吹エンタープライズは、県民ホール、県営展示施設サンメッセその他各種公共施設の指定管理者となって、公金を受け入れて管理を受託していますが、その下請けまたは社員の派遣で、ハウジング社とエンタープライズ者は二人羽織をしているようなものです。杜撰な管理体制が、県民の血税を食い物にしているのではないのか。疑惑の種は尽きません。






Posted by 香川県非業者系マンション管理士会会長近藤紀文 at 2013年08月04日 22:06
近藤様

素晴らしい慧眼をお持ちですね。感服いたしました。
今後ともよろしくお願いいたします。


情報屋
Posted by 情報屋 at 2013年08月06日 23:02
 7月31日付けで国交省四国地方整備局から、穴吹ハウジングサービスに対する処分が出ました。同局のサイトで処分の具体的内容は閲覧できますが、類型的には「指示処分」です。
 一方の上記星光ビル管理は、「1か月の業務停止」(といっても、広告、新規契約等の締結が禁止されるだけですが)と「指示処分」です。
 当会では、さっそく四国地方整備局の担当部署に電話をし、この、星光と穴吹の処分の差を質しました。
 回答は、
1 処分は、整備局単位で出され、処分内容は本省が出している「監督処分基準」により行っている。
2 従って、同じ福岡で起こした事件とは言え、九州地方整備局が出した処分については関知しない。
との回答でした。
 確かに、監督処分基準では、損害の程度も判断基準になっていますから、4千万円を中抜きした星光の方が客観的には悪質なのかもしれません。しかし、役人的な目でなく、「マンション管理」という、人の財産を守るという実務に真に携わる者の目からすれば、わざわざ偽造文書を作るという穴吹の悪質さ、故意犯としての違法性は、内部伝票をちょろまかした星光の比ではありません。
 
 思えば日本で一番狭い香川県の中で、血族というか、兄弟相争う醜い姿をさらしていた穴吹工務店と穴吹興産。穴吹工務店が数年前倒産したとき、穴吹興産系管理会社穴吹ハウジングサービスは、穴吹工務店系管理会社穴吹コミュニティーの身動きが取れないことを奇貨として「この際、管理会社を変えませんか。お手伝いいたします。」という恥も節操もない文書を穴吹工務店のブランド「サーパス」シリーズのマンション各戸に投函するという、火事場泥棒丸出しの行為を行いました。
 このような体質をあからさまにした穴吹ハウジングサービスに、「指示書分」など、馬耳東風でしょう。他人の財産を守るという管理会社の基本的道徳観、倫理観の欠如した社員の存在は何ら手が付けられないまま、形式的報告書により「指示処分」は終わってしまうのでしょう。

 当会では、今後ともマンション部門の穴吹ハウジングサービス及び公共部門の穴吹エンタープライズに対し、厳しい監視の目を向けていく所存です。
Posted by 地方整備局処分の不均衡:香川県非業者系マンション管理士会会長近藤紀文 at 2013年08月07日 22:40
2018年1月25日付けマンション管理新聞8・9・10面
リードは
「標準管理委託契約改定案」
「収納口座での資金管理も」
「同10面「別表1の1(2)出納関係のコメントでは、組合が承認している場合は、残額を収納口座から保管口座に移動せず、引き続き収納口座での資金を管理できる、と定めた。「滞留」を認めた形で、滞留を行う場合の具体的な契約書例を提示。」
今頃何を言うか、です。保管口座への移管など、管理組合役員や管理会社の従業員が、詐欺、横領で管理費等をネコババする事件続出に、責任を押付けられた国道交通省住宅局住宅総合整備課マンション管理対策室.の、マンション管理の現場を知らない担当者が、机上で断末魔の叫びを上げつつ、ヤケクソになって出した対策です。その結果は上記2013年8月4日当職投稿1のとおり。霞が関にもやっと現場の混乱の状況が耳に入ったか!、ですね。

邪魔くさい保管口座などさっさとつぶし、管理費等口座と修繕積立金口座の2本立てに戻すのが正常化への近道です。各管理組合とも、その2費目の枠の中で資金運用をしているはずで、それが十分に保管口座の代替的役割をしているはずです。
Posted by 言わんこっちゃない!:香川県非業者系マンション管理士会会長近藤紀文 at 2018年02月01日 15:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。