役員のベストな選任方法

マンション管理の情報屋です。おはようございます。
さて、皆さんは役員の選任方法について、担当するマンションの管理組合に対してどのように提案していますか?
輪番制.PNG


国土交通省による「平成20年度マンション総合調査結果報告書」によると
 @抽選又は順番で選ばれることが多い    69.1%
 A立候補又は推薦で選ばれることが多い   21.9%
 Bその他                        7.2%
 C不明                         1.7%
となっていて、まぁ輪番制で選任していることが多いんでしょうね。

ちなみに役員の任期をみますと
 @1年          65.9%
 A2年          30.4%
 B3年以上        0.6%
 C特に定めはない    2.2%
 D不明           0.9%
となっていて、1年が一番多くなっています。

私が提案する際は、基本
・輪番制で
・前期役員から1名が留任(基本は理事長)
・留任した役員は、監事となる
という感じで提案しています。
これは基本型で、何事もそうですけど状況に応じて提案する内容は変えていきます。何が合っているかは、それぞれの管理組合によって全然違う訳ですから。私はまぁ、8割方この提案で、変える場合は1名留任ではなく、半数改選的な感じが多いでしょうか。

なぜこのような形で提案することが多いかと言うと
・任期をあまり長くに設定したくないと考える区分所有者が多いこと。
・監事は理事会に出席する義務はないため第1回目の理事会のみに出席し、前期からの付託事項や考え方等を伝えて頂く。また、理事会活動のチェックは理事会議事録にて行える。
・勿論出席を希望する監事には毎回出席して頂き、意見を述べて貰う。
・理事長を経験していることから、業務の内容の理解が出来ていて、監査もし易い。
・総会で監事を選任する必要がある。
ということからです。

そういえば、そろそろ平成25年度のマンション総合調査が始まるのかな?結果報告は来年なんでしょうけど、楽しみですねぇ〜。どのように推移するのか?調査項目も変わるのか?
早く見たいです。


記事がお役に立ちましたら、下記の「B! Bookmark」等の登録をお願いします\(^o^)/



-topページへ戻る-
posted by 情報屋 at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/375596714

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。